« #医療従事者を護って  | メイン | #尖閣を護れ 自民党議員にお願いです »

2020年5月23日 (土)

柴咲コウと小泉今日子について  #芸能人赤い「脳ミソ寸足らず」

柴咲コウと小泉今日子について  #芸能人赤い「脳ミソ寸足らず」

2020年5月23日
柴咲コウと小泉今日子は共産党・小池晃がらみでした。
上念司さんが、先日「左翼が利用してくる云々」とTweetしていましたが。
全くその通りの結果でした。

突然、狂ったかのように、彼女ら、今までのTweet内容じゃ考えられなく
どうかしたのって言いたくなるような、別人の発言内容と取れる。
「これを、Tweetして下さい」と言われたのでTweetしたということでしょう。
普段から渡されたモノを、そのモノが何かと考えることは
せずにまた彼女らの「寸足らずの脳ミソ」ではできなかったでしょう。
共産党や赤い新聞からお金をいただいて、彼女らは仕事して
受けていたとも取れますよね、善く解釈すればね。

赤旗とか、創価学会新聞とか、他の情報誌とか、いろいろ存在するなかで
顔写真付きで名前がこれらに掲載されていたら、こういう「思想」の
持ち主と考えてしまうでしょう、普通。
いわゆる、こういう「思想」を持っている人物なら、発言する、言葉や
内容が違ってくるでしょう。そうじゃない、与えられた「原稿」を
読む感じで、普段通りの仕事の感覚でTweetしたのでしょう。
と解釈してあげたい。

1月8日付の赤旗には、柴咲コウ、小泉今日子、森山良子、直太朗親子
坂東玉三郎、香取慎吾、草彅剛らは見つけたけど。
香取慎吾は顔写真入りで「東京パラリンピック委員会」がらみで
草彅剛は同じく顔写真入りで「生きることへの興味」とコラムを書いて
掲載していました。当然、彼らが書いたモノではないでしょうことは
確実でしょう。

「金」が間に存在しているだろうから、と思ってやれば良いのだろうけれど
何も考えず仕事として受けていたのだろうであれば、何とも愚かなことよ。
正に「脳ミソ寸足らず」だよなぁ。

津川雅彦さんは、生前「俳優・歌手」には「左翼」が大変多いと
おっしゃっていたそうです。
それゆえ、彼らは仕事の性格上出されたモノをただひたすらに、
何も考えずに、読む。ということでしょう、善く解釈すれば。

でも、正規の共産党員、創価学会員等であって、このような発言だったら
まだ許せるというか、ちゃんと反論できるよね。

「種苗法改正」の農水省案はちょっと曖昧さがあって不十分であった。
「検察庁法改正」は人事に関することは内閣にあるわけでして行政権であって
批判されているような「三権」はおかしていませんよ。
故に、彼女らがいっていることはちょっとおかしいのですというより
間違った解釈をされていると思います。

なんにしても、「仕事」というのは、自分が「どう生きていくか」と
表現するってことかな。

ありがとうございます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/717418/34208923

柴咲コウと小泉今日子について  #芸能人赤い「脳ミソ寸足らず」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿